頑固で世間体を気にする?四柱推命の真面目な星について解説! | 四柱推命を勉強するためのサイト | 四柱推命ラボ

頑固で世間体を気にする?四柱推命の真面目な星について解説!

どうも、四柱推命鑑定師の雄髙(ゆうこう)です。

今回は四柱推命で見た真面目な星を解説していきます。

スポンサーリンク

真面目な日干:甲、庚

甲はとても真面目な日干です。
自然物では木を表します。

木は刃物があって加工されるように庚の人が甲の人に色々な角度から価値観や考え方をもたらして成長させてくれるでしょう。

甲の人は思い込みが強く、自分がこうだ!と思いこんだらなかなか自分の考えを曲げません。

一度決めたことをなかなか曲げないのが甲の人の特徴でもあります。
甲の人が柔軟な考えになるために庚が必要です。

庚の人は自然物では鋼鉄の刃を表しています。

鋼鉄をイメージしてもらうと分かるようにとても硬いのです。
庚の人は考え方も、表情も、体も硬い・・・(笑)

甲と同じように一度思いこんだらなかなか人の意見を聞かずに自分を曲げない性質があります。

庚の人の価値観を広げてくれる存在は丙や丁の人。
火の属性なので火で熱せられてカタチを変えて鍛えられていくイメージです。

甲も庚も真面目と言われるのは、一度決めたことに対して頑固な部分があるからです。

真面目な通変星、正官、正財

正官は世間体や礼儀や挨拶をとても重視する星です。
正義感がとても強く、曲がったことが嫌いなので真面目と言えるでしょう。

真面目な命式が悪く出てしまうと身強では自分の意見を相手に押し付けたり強要したりしますが
身弱の命式では自分を責めたり、自信を失ってしまいがちになってしまいます。

正官が二つあると世間の目を気にし過ぎて身動きが取れなくなることがあります。
世間のための自分の人生ではなく、自分のために自分の人生を生きましょう。

また、偏官が二つあると正官に変化する場合もあるので偏官が二つある人も正官の要素を持っていると言えます。

正財は安定することを求める星です。
お金の管理はしっかりしており貯金を好みます。

かなり現実的な考え方をします。
夢や希望を追い求めて一攫千金を狙うような生き方ではなく、コツコツと安定的に収入を得られるような生き方が性に合っています。

正財は男性の結婚の星です。
正財や正官のある男性は責任感が強く真面目なので女性が結婚相手に選ぶといい通変星とされています。

沐浴や食神持ちで身強でなければ浮気や不倫はしないと言っても過言ではないでしょう。

※ただし、正官や正財といった真面目な星が悪い方に出てしまうと自分の中の正義感をパートナーに押し付けたりするので注意が必要です。

真面目な十二運星:長生

しっかり者で世渡り上手な長生です。
建禄、冠帯、帝旺といった身強の星ほどのエネルギーはありませんが準身強の星と言われています。

社会性や責任感もある星なので周囲の人から信用される星です。
※いつの間にかチームのリーダーに抜擢されたり、学級委員長に選ばれたりします。

真面目な人が持っている十二運でもあります。

鬱になりやすい組み合わせ

正財+傷官+絶が命式内にあり、身弱な場合は鬱になりやすい組み合わせです。

『真面目過ぎて自分を責めてしまう』という組み合わせになります。

  • 正財=真面目、安定を好む
  • 傷官=傷つきやすい、細かいことに気づいてしまう
  • 絶=ネガティブな感情に振り回されやすい

この3つの星で身弱の場合は真面目過ぎて悩みが多い人が持つ組み合わせです。
相談できる親友を作ったり、好きなことを見つけて情熱を注ぐことが開運の秘訣です。

まとめ

以上、四柱推命で見た時の真面目な星について解説してきました。
真面目なことは悪いことではありません。
世間体に縛られたり周りから頼られて本当に自分がやりたいことを見失わないように注意しましょう。

この記事で紹介した以外にも五行の組み合わせや身強、身弱、大運によっても変わってきます。であくまでも一例としてとらえてください。
※実際の鑑定ではもっと細かく星を見ていき判断していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました